在校生及びご家族の方々へ

学校紹介

基本方針

トップページ > 学校紹介[基本方針]

LIFE・LOVE・LIBERTY 仏教の心を現代に生かす三つの柱

「進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ」

これは本学の校祖、輪島聞声の言葉です。 浄土宗の尼僧だった聞声先生は、今から110年以上前の明治25年、本校の前身である淑徳女学校を創設しました。その精神を現代の若者にも理解しやすい言葉で表現したのが、わが校の教育理念である“3つのL”です。

● LIFE (生命:あらゆる命を尊ぶ心)
● LOVE (愛:自分と同じく他者を愛する心)
● LIBERTY (自由:何者にも束縛されない自由な心)

学校長 三嶋宗保 教育は、生徒一人ひとりの可能性を伸ばし、それをどう社会につなげていくか、つまり、輪島先生の「有為な人間になれ」という言葉をいかに具現化していくかということに尽きると思います。それにはまず、学力をつけることが何より大事です。それが生徒の可能性を開花させます。そのために生徒たちの様々な可能性を最大限に伸ばすプログラムを用意しています。また同時に、人間的な修養、心の教育も大事です。この点も、本校には、仏教に基づいた情操教育の伝統があります。21世紀の高度情報化社会だからこそ、人として、最も基本的な、そして大切なことを学んでもらいたいと考えます。「3つのL 〜LIFE・LOVE・LIBERTY〜」をよく理解し、他者と共に生き、社会に貢献できる人間教育を行うことが大切です。こうした要素を総合的に育成してはじめて、有為な人間となれるのではないでしょうか。今後も生徒たちの可能性を伸ばし、社会で活躍できる「有為な人間」を育てていきたいと思います。

淑徳系列校のご案内教職員採用情報個人情報の取扱について

淑徳中学校・淑徳高等学校アドミッションオフィス 〒174-8643 東京都板橋区前野町5-14-1 TEL:03-3969-7411 FAX:03-3558-7992